スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

鉄道の日記念 一日乗り放題きっぷ 倉敷編 「大きな鉄のくじら」

呉駅の改札を出て右へ行くと、南へと延びる連絡通路があります。
道中、呉駅からは100mぐらいの所に、「くれ観光プラザ(観光協会HP)」があり、そこで

「呉の地図」を手に入れた!

まず地図の入手は冒険の基本ですよね。

さらに連絡通路を南下、すると「ゆめタウン呉」の入り口に突き当たるので中を通ってさらに南へ。
(食料や装備など買忘れたものはここで調達できます。)
「ゆめタウン呉」を出るとまた連絡通路が現れ、それを最期まで行くと「大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)」に到着。(呉駅から約500m、入館料一般500円)
大和ミュージアム
今回の目的はここではありません。

大和ミュージアムを通り過ぎ少し西へと向かうと…。
大くじらが現れました!

てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)
てつのくじら館
でかっ!ラスボス級です。。(潜水艦あきしお)
長さはなんと76.2m!LV60ぐらいかな。。。

写真に見えている鉄くじら(潜水艦)は資料館の一部で、入り口を含むメインの建物はこの裏にあります。
早速中へ、ちなみに入館料は無料!よっ太っ腹!!
資料館メインの建物には、海上自衛隊の歴史や活動、機雷や潜水艦について学べます。

続いてくじらの中へ。
てつのくじら館 中 てつのくじら館 操舵席 てつのくじら館 潜望鏡
通路、操舵席、潜望鏡
本物の潜水艦です!男の子はこういうのを見るとテンション上がりますよね。

(てつのくじら館のコンセプト)
本物の潜水艦を見たり触ったり、貴重な体験をさせていただきました。
何と言っても無料で体験できます。お得ですね!!
そこのわくわくしている男の子、ぜひ足を運んでみてください。

おまけ
てつのくじら館から呉港
てつのくじら館から呉港


次回は、「備え」をご紹介したいと思います。

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。