スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

青春18きっぷ 浜松編 「安城デンパーク」

旅2日目
長かった初日を終え、2日目は道中で寄り道をしながら大阪へと戻ります。

朝食はホテルのバイキングをいただきました。
食べ放題となると燃えてしまうのは私だけでしょうか??
朝からしっかりとおいしくいただきました。

チェックアウトを済ませ浜松駅に戻り、ここからはまた「青春18きっぷ」を使い電車での移動です。

駅員さんに消印を押してもらい、次の目的地は安城。
バスの時間に間に合わすため、浜松駅10:20発の豊橋行に乗り豊橋駅で大垣行の特別快速に乗り継ぎ11:32安城駅に時間通り到着。

改札を出てバス停に向かおうとすると、「レンタサイクル 無料」の看板が!!
下調べが足りませんでした・・・。

ここでの目的はデンパークという所で製造している地ビールを買うの事、そこに併設されているレストランではなんと!夏の期間限定90分1600円で飲み放題を行っていて、こちらも検討をしていました。(8月末で終了済。入園料600円が別途必要。ご紹介が遅くてすいません・・・)

ここで考えます。
バス 行きはよいのですが帰りのバスが2時間に1本程度しか出ていません。
レンタサイクル 無料、帰りの時間を気にせずに済む。ですがビールは飲めません。

相談の結果レンタサイクルで行く事に。
理由としては、やはりバスの本数が少ないのと、飲み放題はうれしいのですがこれからの移動の事もあるので思う存分飲めず、もともと飲み放題をするかは当日決める予定だった事からです。
他にもメリットがあり、お土産のビールを買うだけならパーク横の道の駅で購入する事ができ、入園料がかかりません。(パーク内には入れませんが、ビール以外あまり興味がありませんでした・・・。)
少し飲みたかったのですが、昨日たくさん飲のんだのでここでは我慢する事にしました。

そうと決まれば早速レンタサイクルを借りに行きます。
駅を出て徒歩3分ぐらいの駅駐輪所で貸していただけます。
手続きを済ませいざ出発!

道のりは駅前の大きな通りをひたすら真っ直ぐです。
駅前を少し抜けると道中は田んぼや畑、のどかな風景を楽しみながら約20分で到着。

入園はせず道の駅へ、地元でとれた美味しそうな野菜などが売られていました。
ここで、人魚姫の恋(ヴァイツェン)、裸の王様(ジャーマン・エール)、黒鍬麦酒(ボック)の3種のビールを購入。(各330ml 580円)
中にある休憩所で少し休憩してから再びのどかな道を戻ります。
駐輪所で自転車を返して駅へ。

予定ではデンパーク内で昼食をとる予定だったのですが、レンタサイクルのおかげで時間を巻く事ができたので、ここでは食べずに次の目的地に向かいます。

今回も写真が一枚もなく申し訳ございません・・・(汗。


次回は、名古屋?大垣?をご紹介したいと思います。

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。