スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

福岡編 「レトロな街並み その1」

西小倉駅から門司港行の電車へ乗車。
4駅約20分ほどで目的地、終点の門司港駅に到着。

門司港駅
門司港駅 (到着時に人がたくさんいたので後から撮影、時計の時刻は到着時のものではありません。)

かつて貿易港として栄えた門司港、駅舎を含め、今でも歴史的なレトロな建物が数多く残っています。
今回の目的は、そんなレトロな建物達を見てやろうじゃないかという事でやって来ました!
(上から目線ですが気にしないで下さい。。実はもうひとつお楽しみがあるのでそちらもご期待あれ。)
本日二度目になりますが、私、レトロな街並み好きでございます。。

まずは冒険の基本、観光案内所で地図を入手。
いざ冒険開始!

門司港駅を左(北)に出てすぐ右(東)、

旧大阪商船 旧門司三井倶楽部
左 旧大阪商船、右 旧門司三井倶楽部

そして門司港のメインイベント!?
門司港 はね橋
はね橋

初回10:00~最終回16:00の1時間おきに1回(1日計6回)。
ナレーションが流れながら、10分ほど時間をかけてゆっくりとはね橋が開いていきます。
なんでも「恋人の聖地」にも認定されたみたいですよ!

閉じるまで時間がかかるので次へとまいります。
はね橋から西へ約600m、

海峡ドラマシップ」(HP、レトロ通りは見学無料、展示ゾーンは大人500円、小・中学生200円)

施設内にはレトロな街並みを再現したレトロ通り、展示ゾーンにアトリウムや海峡歴史回廊などもございます。
今回は時間もないのでレトロ通りのみ、何と言っても無料ですしね!!

海峡ドラマシップ 海峡ドラマシップ レトロ通り
左 海峡ドラマシップ、右 レトロ通り入り口

中はこんな感じ、
レトロ通り1 レトロ通り2
かつて門司港に実在した大正ロマンの薫り漂う建築物や路面電車などを復元。
3度目になりますが言わせて下さい。私、レトロな街並み好きであります。。


次回は、まだまだあるよ「レトロな街並み その2」をご紹介したいと思います。

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

2012/08/19 21:18 |福岡編COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。